So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャニーズの人気を作ったのはジュリーだった!! [まいにち]

最近、私の2コ下のコがジュリーこと沢田研二を知らなくて
すごいショックだったのですが、母が若い頃
ジュリーファンだったのもあり、私はカラオケでも歌えます。

当時、母は父とお付き合いしていたのですがジュリーに熱をあげる母を見て
祖父(母の父)が
「そんなオカマのような男よりも剛さんのほうがいいじゃないか!!」
と怒ったそうです。
怒られるほど熱狂的だったのか…?
まあ、当時は「テレビでジュリーを見ない日は無い」状態で
全盛期のキムタク以上の人気だったらしいから
女の子ならみんなハマってたんだろうなあ。
ドラマの役柄の設定に「ジュリーのファン」というのがつくくらいだからな。(樹木希林)

今見ても(昔の)ジュリーはかっこいいです。

白シャツに細い黒ネクタイ、とかファッション
普通に今見てもかっこいい。
爪に黒マニキュアとか、グラムロック的な化粧とか
「元祖ビジュアル系」と言われる由縁ですね。
イエモン(吉井和哉)好きの私の趣味も母から受け継いでるのかもしれない。
本当に歌うまいし、色気がすごい。

はい、ここでタイトルの件について。

<タイガースwikiより>----------------
※(ジュリーはソロになる前はタイガースにいました)

タイガースの中でも、当時の男性歌手としてはあまりにも
日本人離れした大きな瞳と端正かつ甘美なルックスの沢田が
10代少女に熱狂的な人気を博し、沢田は一躍GS(グループサウンズ)界はおろか
芸能界をも代表する国民的アイドルとなる。

これが、現在における「ジャニーズ事務所」所属タレントをはじめとする、 甘い顔立ちのどちらかというと中性的なイメージの男性タレントが 「アイドル」としてもてはやされる風潮のはしりであるとも言える。

ザ・タイガースデビュー当時には、あおい輝彦が在籍する
元祖「ジャニーズ」が健在であったが、
元祖「ジャニーズ」はみな短髪で体格も良く、GSブーム以前の、
加山雄三に代表されるいわば「青春歌謡」的な男臭さを売りにしていた。
GSブームを目の当たりにした「ジャニーズ事務所」は、
ザ・タイガースやザ・テンプターズの熱狂的人気に対抗すべく、
長髪に、中性的な甘い顔立ちの男性アイドルグループを売り出しにかかる。
これが「フォーリーブス」であり、その路線が 「郷ひろみ」や「たのきんトリオ」、「シブがき隊」などを経て、 現在の「SMAP」や「TOKIO」「V6」などへと継承されてゆく。

また、「ジャニーズ事務所」社長のジャニー喜多川も、
現在のアイドル売り出し戦術の根底を、当時提携し、
提携解消後のライバルともなる「渡辺プロ」による
ザ・タイガース売り出し戦術から学んだことを認めている。

--------------------------------------------
ジュリーすげええええ
ジャニーがジュリーの影響を受けていなかったら
KAT-TUNなども生まれなかったという事なんですよ。
ずっと男くさいグループばかり作ってジャニーズ自体が
こんなに繁栄せずに終わっていたのかもしれない。
ジュリーの魅力、すごすぎ。

さて、以下ではジュリーの偉業を並べてみました。
「日本初」をやりすぎです。チャレンジャーすぎます。

【功績】
■ザ・タイガースは日本で初めての長髪の男性アイドルである。
■1971年1月24日のザ・タイガース「ビューティフル・コンサート」(解散コンサート)は
日本人として初めての日本武道館単独公演であった。
■PYG(バンド)時代、初めてロンドンブーツを衣装に取り入れた。
■1974年には「Rock'n Julie」と題された公演が行われているが、
これは日本で初めての全国ツアーである(16都市34公演)
■さらに沢田はソロ活動初期において、PYGから派生した
井上堯之バンドと活動を共にしていたが、これは日本で初めてのバックバンドである。
■「MON AMOUR JE VIENS DUBOUT DU MONDE」(邦題:「巴里にひとり」)は
日本人として初めてフランスのヒットチャートにBEST10入りした楽曲である。
■1978年の第29回NHK紅白歌合戦で紅白史上初めて演歌歌手以外で大トリを勤めた。
■1989年の第40回NHK紅白歌合戦で紅白史上初めて1回の紅白で2度出演を果たした(ソロとザ・タイガースとして)。
■デビュー以来約40年間、毎年必ず新作アルバムを発表し、
1974年以降毎年全国ツアーを開催している。 これは他に例を見ない連続記録という記事がある。

化粧をして歌った男性ソロとしても確かジュリーが最初だったはず。
最近のジュリーは上野樹里と映画に出ていたようです。
電気屋で、上野樹里の父ちゃんの役。
お客様第一で、儲からない仕事をしている父に反発する娘の話。
家族の話で、なかなか評判がいいそうです。

ある意味、ダブルジュリー。

「幸福のスイッチ」(2006年10月14日公開)
「上野は初共演となった沢田について、
音楽的なキャリアを全く知らなかったが
「G.S.I LOVE YOU」(沢田の1980年のアルバム)を聴いて
「かっこいい! 」と激賞し、
「こんなすごい人と一緒に仕事をしていたのか」と撮影後に悟ったそうだ。」

上野樹里もジュリーを知らなかったのかーーーー!!
21歳は知らないのか…。
ていうか今のジュリーからは想像つかないしな。
たのむから痩せてくれ。

余談ですが、
ジュリーの昔の写真を見ても「かっこいい!!」と思えるのに

昔の郷ひろみは何故こんなに笑えるんだろうか。





nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 2

恋するジュリ-は素敵さ~♪

郷ひろみはんも、お嫁サンバの男性versionで
歌っておりますがね。

また、あなたも大胆な!この写真で(裸のヴィ-ナス)で
比較対照されては、天下無敵ですわな。^ワ^

しかし、何れにしようと
今の「B帝国」も「J王国」も、
郷はんなくして、成立しておりませんがね。
現在描かれちょる「芸能界相関図」の
礎ちゅ-とこやね。

それに・・・郷はんも敬愛する
沢田はんかて、40代頃まで踏み止まって
おられたんやけど、今は残念がねぇ。
もうちょっことでも、体重絞って貰いたいんねん。
「日本一美しい男」と謳われたおとこはんやさかいな。
by 恋するジュリ-は素敵さ~♪ (2007-09-09 16:36) 

あーや

おかみさんおひさしぶり☆
niceありがとうございます。

恋するジュリ-は素敵さ~♪さん、コメントありがとうございます☆
日本一美しい男、復活してほしいです…。
痩せたらさぞダンディで色気のある男になると思うのに…。
郷さんは最近は高須クリニックのイメージが強い。
by あーや (2007-09-11 11:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。